1. HOME
  2. 美ノ匠を探す
  3. 整体師 | 紀伊國屋 綾子

SPECIAL

特集記事

整体師 | 紀伊國屋 綾子

プロフィール

紀伊國屋 綾子(きのくにやあやこ)

整体師

人 体 を 学 ん で 30年 以 上 の 経 験 を 生 か し 「 深 層 整 筋 ® メ ソ ッ ド 」を 考 案 。 東 京 、 名 古 屋 、 芦 屋 、 札 幌 に て美整体スタジオ ah-b(アーブ)を展開している。 また、人間の成り立ち~解剖生理学~美しい姿 勢~美しい歩き方などをカリキュラムに取り入れた「AYAKO HOLISTIC BEAUTYスクール」を開 講 す る な ど セ ラ ピ スト の 育 成 に も 精 力 的 に 取 り 組 ん で い る 。​

Story

子どもの頃の経験で憧れの”整体師”に。心と身体をリセットし、輝かしい毎日を過ごし続けられるようにあなたの身体に魔法を。

■インタビュー聞き手:下村 えり 

ーー小さい頃に耳を悪くしてしまったんですよね。

耳が聞こえなくなったのは10歳のころでした。耳が聞こえなくなったのを気づくのが遅かったために、治す手段がないと言われたんです。それでも治したかった私は、難聴を治す方法を探しまくって”カイロプラクティック”というものを見つけました。カイロプラクティックの歴史をたどったら”難聴を治した”ということを知り、カイロプラクティックに興味を持ち勉強し始めたんです。

 

ーー”難聴”って全く聞こえないんですか?

全く聞こえません。気づいたら聞こえなくなっていました。小学校の時、聴力検査をしたとき、「ピー」という音が聞こえなかったんです。「あ…聞こえなかった…」って、ショックでした。

今は、左耳が全く聞こえません。だから、右耳を大事にしていて、右耳を傾けて会話をしているんです。右耳で聞いているからか、目の大きさも右の方が大きくなってしまったんですよ。髪も右耳にかけて、右側から音を聞くようにしています。

 

ーーなぜ「カイロプラクティック」で耳が聞こえるようになるんですか?

頚椎の1番2番”を矯正すると難聴が良くなることが、昔から言われていました。カイロプラクティックでは、その頚椎の1番2番が大事とされ、”すべての病気が治る”とも言われています。その理論をもとに勉強してきました。

しかし、勉強をしているうちに、1番2番だけが大事じゃないとわかってきました。そこから、「他にも大切なものがあるじゃん」と思ってさまざまなことを学びましたが、キッカケはカイロプラクティックからでした。

 

ーーでは「カイロプラクティック」の1番のセオリーが「頚椎の1番2番」を大切にすること?

カイロプラクティックの中でもいくつか宗派があるのですか、「環椎(かんつい)」「軸椎(じくつい)」といわれる頚椎の1番2番がすっごい大事ということなので、勉強しました。

 

ーー早いうちから「カイロプラクティック」をやろうとしていたんですね。

そうですね。10歳のころから整体とか通っていたので、子どもながらですが、いい先生がすごくカッコよく見えてました。痛いところを取ってくれるしで、”魔法使い”みたいで…。そこから「私もなりたいな」って思ったんです。

優しい言葉で「治るよ」って、魔法にかかったほうに安心感を与えるような感じで。お医者さんだと「難聴が治るには、今がこんな感じだから、こんな手術があるよ」と教えてくれるけど、整体はそれとは違って、魔法にかかるような安心があった記憶があるんです

 

ーーなるほど。立場が違うのもありますが、整体は”改善していく”という感じですよね。

原因はそこだけじゃないかもしれないよ」って当時の先生に言われたんです。「耳だけじゃなくて、どこからかきている何かがあるよね」と言われたので、そこから東洋医学も勉強して”腎臓”が関係していること知りました。

実は”腎盂炎(じんうえん)”で、4歳〜5歳のときに入院したことがありました。腎臓が機能していなくて、尿にタンパクが溜まっていました。腎臓の右のほうが悪くなっていて、当時、「その影響が反対側に出る」と聞いていました。まさに、左耳が聞こえなくなっているので、それで「腎臓」からきているんだと思いました。

人間の体ってすごいなと思いましたね。それでいろいろと合点がいきました。人間って原因がわかって自分で合点がいったとき、私は、「半分治っている」と思うんです。

 

ーーわかります。自分の体は自分がよく知っているから、原因がわからないままだと不安ですよね。

はい。合点がいくってことは、注力が高まるんだなと思いました。そのため、今でもお客様には「ココが痛い」と言ってきたら、「何して痛くなったの?」と聞くんです。話を聞いていると痛くなった原因がわかって、それをお客様に話してあげるんです。そうすると、お客様は「ココが原因で痛くなったんだ。じゃあ、これ以上負担がかからないように工夫してみよう」となるんです。

痛くなったところを私がアプローチして、そのときは痛みがなくなったとしても、その原因をわかっていなきゃ、痛みを繰り返すことになり、”改善”にはならないんです。”原因を追求することで、改善方法がわかる”のです。

 

ーー統合的に見てもらうことが大切になるんですね。

そうです。”統合的”というのが本当に大事になります。そのため私は、カウンセリングのときにしつこく質問します。「なんで?」「どうして?」「どうした?」って。それ以外にも症状の原因になりそうなことを細かく質問します。生活の中に原因があるので。日々、ゆがんでいる状況を作っているんです。なので、家のレイアウトまで聞いたりしますよ(笑)

 

 

ーー確かに生活の中で体を悪くしていますよね。たくさん勉強してきてみたいですが、サロンを自分で立ち上げたのはいつですか?

1998年に1人でサロンを立ち上げました。ベットが買えないほどお金がないときで、積み立てていた、40万が開業資金でした。そこから、9,000円くらいの中古の木のベットを2台買って、自宅のリビングで始めたんです。

 

ーー自宅のリビングで始めたんですか。たしか、お子さんがいらっしゃったのでは?

子供がいました。21歳のときに結婚し、22歳で長男を産み、24歳で長女を産みました。開業のしたのが、26歳のときだったので、子育てしているときに開業しましたね。

 

ーーどうして開業しようと思ったんですか?

当時神戸に住んでいた私は、1995年の震災で被害に遭い、家が全焼しました。仮設住宅生活をし、1年後には立ち退きになってしまいました。それから神戸から大阪へ引っ越しをしてから、開業したんです。その時は仕事をするというかは「生活をしなきゃ」という感じで、最初は子供を保育園に預けてパートとして働いていました。父がオーナーとしてやってた、たこやき屋さんの経理とかしていましたよ(笑)そんな中でも整体や美容の勉強はしていましたね。

 

ーー整体とかの勉強は結構長くやっていたんですね。

18歳〜20歳くらいに勉強を始めていました。結婚する前までは学校がある治療所みたいなところで勉強していました。

 

ーーそうだったんですね。技術と知識は失くならないので、あって良かったですよね。

そうですね。健康であればそれをいつでも活かすことができますからね。実は、私のおばあちゃんもエステティシャンでした。

 

ーーだから整体と美容を取り入れて今のスタイルになったんですね。

はい。お母さんもメイクの大会に出ていたメイクアップアーティストで、叔母もヘアアーティストでもありました。また、実家が百貨店を営んでいたので、メイク屋さんやウイッグ屋さんとかが入っていて、美容に関わることも多かったんです。当時にしては珍しかった脱毛を美容院でやっていて、また、美容師免許をもっていた叔母がハリウッド化粧品の”メイ・ウシヤマ”ののれん分けをしていましたね。

当時3歳ぐらいだったので、自然に美容の世界に身をおいていたことになります。百貨店は父方のおじいちゃんがやっていて、母方のおじいちゃんは宮前大工をしていたので、まさに”美ノ匠”に育てられたかんじですね(笑)

 

ーー確かに美ノ匠のもとで育ちましたね!綾子さんの品の良さはそこからきていたんですね。

いやいや。でも、母方の祖母は明治生まれで、母に”女性の質”と”男性の質”があることは教えられましたね。宮前大工の古いしきたりみたいのを教わってきていて、小さいとき、母の実家に遊びにいくとお膳にのせられてた食事が出てきましたよ。母方のおじいちゃんがカンナでひのきを削っていたときの、木の匂いをいまだに覚えていますね。

 

ーー1人っ子ですか?

いえ、3人兄弟でした。弟と妹がいます。こうみえて長女なんです(笑)おねえちゃん気質とは言われてましたね。

 

 

ーーそうだったんですね! 話は戻りますが、サロンは長い間やられていたんですか?

そうですね、16年サロンをやっていました。最後には最大9名のスタッフを雇い、60坪のサロンでした。最初は1人でやっていましたが、途中から別の方がオーナーで、私が雇われ院長みたいな立場でやっていて、技術を提供していたかんじですね。そのとき、私個人の顧客が500人ほどいて、1日中お客様の体をみていました。延べ3万人にものぼりますかね。

 

ーーそこからなぜ1人でやっていきたいと思ったんですか?

もっと違うことをやりたかったんです。プロとして頑張っている人の体をケアしたら、社会貢献につながると思ったんです。プロの人の体をケアしたことがあるのですが、その体で活躍している、命かけている、本気でやっているのが伝わってきたんです。ちょうどその頃はスタッフでもケアができるようにメソッドを教えたので、一般の方はスタッフでもケアことができていました。そうなると「私にしかできないことがまた別にあるのではないか」と思うようになったんです。それが「コレじゃん!」と気づいたのが最近でした。

その”コレ”というのが、”舞台で活躍する方のパフォーマンスをあげること”でした。気づいてから動きだしたら、自然と人が集まるようになりましたし、私自身もお客様の活躍を毎日画像を見たりYouTubeで見ていたりしていて、本当「これが好きだな」と思ったんです。

 

ーー魅せる人を支えることが好きだと気づいたんですね。

パフォーマー矯正”というパフォーマンスを上げる施術があるのですが、これは一般の方だと反応はしないんです。対して常に体を動かしている方は自分もパフォーマンスが上がったのがわかり、また、他人から見ても上がったのがわかるんです。意識が高い方ほど結果が出やすいので、舞台で活躍している方をケアするのがすごくやりがいに感じますね。また、舞台で応援している観客の反応を見ていると、ケアした役者を見て観客たちも喜んでくださる、よろこびもあります。

 

ーーもともと舞台が好きなんですよね。まさにピッタリなお仕事をされていますね。

本当に舞台が大好きです。

フィットネストレーナーの”AYA”さんという方がいらっしゃって、芸能人を専門的にみていて、主にビジュアルをみていると思いますが、私は”動かす”ほうかもしれませんね。なので私は、役(動き)をよく観察しますね。その方がどんな役を演じていて、原作者が何をみんなに訴えたいのかなど…。かわいらしいキャラなのか、ムキムキキャラなのかなどによって、動きが変わってくるからなんですよ。また、衣装もチェックするんですよ。形とか重さとか。なので、衣装係の方とメイク係の方と連携プレイします。

 

ーーでは綾子さんが活躍するのは舞台の前後ですね?

そうですね。短い時間で一気に何十人をみます。そのため、1人5〜10分でできるパフォーマンス矯正なので、支持されているのだと思います。舞台の最中に何かしてしまっても、即効性もあるので対応できます。

 

ーー確か神経に反応するスピードが早くなる「アクティベーター」を使用していたんですよね。

はい。最初の頃は使っていました。でも今は、お客様の体をしっかり見るためにあまり打たないようにしています。

 

ーー舞台でお仕事をすることになったキッカケはなんですか?

1番最初はFlowerの”みおさん”がキッカケなんですが、みおさんとつながれたのは娘がダンサーをやっていて、みおさんとディズニーチャンネルに出ていたんです。

もともと私がフラメンコをやっていたので、それを見た娘が「やりたい」と言ったのがキッカケで娘がダンサーになりました。TRFの”SAM”さんのバックダンサーとして踊っていたこともあるんですよ。今は引退して美容師になっていますけど。

 

ーー流れるようにお仕事がきたんですね。なるべくしてってかんじで。

そうですね。私が舞台やダンスが好きではなければ、娘がダンサーになっていなかったですしね。

そして、今では息子と一緒に舞台にきてキャストをケアしています。パフォーマー矯正として舞台をみる視点が違ってきます。舞台の装置やステージの配置などみて、キャストがどんな動きをするのかを話しますね。ストーリーから分析して体をケアすることを息子とやっています。

 

ーー 一緒に舞台を作り上げてるかんじですね。

そうですね。舞台好きとして嬉しい限りです。キャストのパフォーマンスをあげられるこの仕事について発信していけば、どんどん仕事をいただけると確信していますね。

 

 

ーー本当にそう思います。きっとそれは”縁”がつながって活躍していくと思いますよ。

いい縁がつながっていくと、舞台のセリフにありましたが「縁が絆になる」のです。まさにそうだと思います。

 

ーーではどんどん発信していったほうがいいですね!

そうですね。確かに、私の仕事を話すと、みなさんすごく反応してくれます。どこにいてもできるトレーナーはいないですからね。

 

ーー心がけていること・心構えはなんですか?

その方の1番近い目標を把握して、逆算しながら体を作っていきます。今日舞台があるのか、1週間後に舞台があるのか、1か月後に舞台があるのかなど。しかし、私だけだと限界があることがため、人脈を使ってプロのトレーナーを集め、チームで支えていきます。行動力瞬発力臨機応変対応力が大事だと思っています。

 

ーーよくあるサロンとは違いますよね。ゆったりした時間の中で支えるということではなくて。

そうですね。常に忙しく動いているというか。目標→実行→結果をひたすらにやっているかんじですね。私はそれが好きみたいです。舞台がそれがハッキリして、ライブ感があるんですよね。実行した結果がすぐに目に見えてわかるのが、すっごく嬉しいんです。無事に始められて、終われて、お客様に喜んでもらえて。

 

ーー仕事を通して綾子さんらしさがとても出ていますね。

私もそう思います。”集大成”だととも思っています。

私が60歳のおばあちゃんになったときに、私「あや姉」と呼ばれているんですけど(笑)、いま関わっている役者さんが30〜40歳になっていい役者になっていて、「あや姉に魔法かけて(触って)もらって本当によかった」と言われたいです。

 

ーーそれは醍醐味ですね。自分がケアした方が活躍していたら、こんな嬉しいことはないですよね。

はい、最高です。幸せです。実は、ロサンゼルスの役者さんをみたときに「この魔法がいつまでもとけないでほしい」「it’s magic!」と言ってくれて、日本人と同じような反応をしてくれたんです。「魔法みたい」って、私が小さい頃に整体師さんに対して思ってたのと同じで…

実は、迷ったりこれでよかったかなと反省したりするときは、「「オーラが弾む魔法の指先」紀伊國屋綾子です」って自分で唱えるんです(笑)舞台の神様にお参りするときも同じように唱えて、そして「キャストがいい演技ができるようなキラキラのパワーを与えられる力をください」 って。

 

ーープロはその一瞬のために必死に精一杯やっているんですもんね。

そうなんです。その一瞬のために最高の力を出し切っていますからね。今まで積み上げてきたその人の一瞬のために、私は目標→実行→結果をひたすらやるんです。だからその人のストーリーをしっかり聞くんです。何歳から役者をやっているのか、今どのような動きをしているのかなど。1人1人に関わっています。「本気で応援するよ」という強い気持ちでやっています。

 

ーー心のトレーナーみたいなかんじですね。

はい。海外にはきちんとしたカウンセラーがいますが、日本にはまだまだカウンセラー(セラピー)が少ないんです。何か対しての悩みがあれば、すぐに簡単にカウンセリングを受けることができますが、その文化が日本にはまだないんです。

 

ーーでは集大成は始まったばかりですね!

そうですね。私の目標は、今関わっている役者さんたちがさまざまな場面で活躍するために、私が縁の下の力持ちになりたいですね。また、最終的には”演出”に関わってみたいです。演出家はいらっしゃる状態で私が「この動きにしたほうがもっとキャストさんが輝くよ」というアドバイスをしたいです。トレーナーと演出の融合をしたいですね。できれば”キャスティング”がしたいです。台本を読んで「その役にピッタリなのはこの役者さんですね」って感じで。だからたくさんの役者さんと出会いたいです。役者さんの情報をたくさんもって、役者さんを紹介したいです

 

ーーなるほど。体を見ている立場だからピッタリな役者さんを紹介できるようなりますね!

そうですね。60歳までの私は舞台に関わらせてもらって、役者さんたちやエンターテイナーの方たちにたくさん会っていきたいです。エンターテイナーの集積所みたいな、「綾子の引き出しはいっぱいあるよ!」って感じで。この集大成を作り上げるために、これからも頑張っていきたいです。

 

メッセージ from Ayako Kinokuniya

整 体 師 の 施 術 に よ っ て「 左 耳 の 不 調 = 当 た り 前 の 状 態 」だ っ た こ と が 改 善 し 、「 よ く な る か も し れ な い ! 」 と い う 大 き な 可 能 性 と 希 望 を 与 え ら れ た 、 小 学 生 の 頃 の 自 身 の 体 験 が 今 の 仕 事 に 携 わるきっかけとなり、これまで歩んできました。本サービスを通 じ て出 会う皆 様 の「さらに健康で美しく、これからもずっと元気 でありたい」というお気持ちを真摯に受け止め、当サロンでお過 ご し い た だ く 時 間 を 通 じ て 、心 と 身 体 を リ セ ットし 、輝 か し い 毎 日 を 過 ご し 続 け ら れ る よ う 、施 術 に 魂 を 込 め さ せ て い た だ き ま す 。

SPECIALIST

美ノ匠を探す