1. HOME
  2. ブログ
  3. 敏感肌・トラブル肌・産前産後ママの救世主。100%食材由来の原料で作られた肌にやさしい天然スキンケアブランド

敏感肌・トラブル肌・産前産後ママの救世主。100%食材由来の原料で作られた肌にやさしい天然スキンケアブランド

 

星の数ほどあるスキンケアコスメ。たくさんありすぎて何を選べば良いのか迷ってしまいますよね。その人それぞれの肌質、年齢、住んでる土地の気候やお水、季節によってもぴったり合うものって本当に様々。だからこそ、“万人にとってパーフェクト”と言える代物っていうのはなかなか難しいもの。

でも今回ご紹介する、食品メーカー発の100%食べられる自然食材のみを使った天然スキンケアコスメ-OMNIST-は、特に「何を使ってもダメ!な敏感肌の方」や、通常以上にホルモンバランスが敏感になっている 「産前産後ママ」 が試す価値のある逸品かもしれません。

 

100%食材由来ってどういうこと?原料はなに?

OMNISTは「お肌の安心安全」にこだわっているからこそ、「天然由来」の原料のみを使用しています。

具体的な成分はこちら▼

米ぬか:「セラミド」が豊富で潤いを長時間キープ
酒かす:「酵母」がメラニンを抑制・シミ・そばかす予防に
米麹 : 20種類のアミノ酸が肌のキメを整える
パーム油:肌をしっとり柔らかくするグリセリン
とうもろこし:肌表面に「保護膜」を作り外的刺激から守る
オレンジ:肌の引き締め効果あり。爽やかな香りも◎
ヒアルロン酸:1gで6000mlの水分を保持する力で乾燥防止
コラーゲン:はり・弾力の源となって若々しい印象に

 

どれも、私たち日本人に古くから馴染みのあるものばかりなのが嬉しいですよね。「100%食材由来」ということはつまり…そう、口に入っても大丈夫な成分ばかりなのです。うっかり赤ちゃんが口に入れたり、ママのお顔を舐めたりしてしまっても大丈夫!これは嬉しいポイントですよね。

 

OMNISTプロデューサーの木元さんによると、「ケミカルコスメ」の歴史はここ100年ほどと浅く、私たちは元来「天然成分由来」の化粧品を使っていたのだとか。確かに、化学の進歩が後押しして「石油由来」のお化粧品がたくさん開発されているけれど、元をたどれば泥を塗ったり、草を煎じたり、天然の素材が人類のお肌を支えてきたはず!巡り巡って自然に原点回帰する、そんな時代なのかもしれませんね。

 

「発酵×酵素」の力に注目! なぜ「発酵」がお肌に良いの?

OMNISTの開発者は、何を隠そう木元仁玉さんのお母様。なんと「発酵」に関する特許技術を9件も取得する研究者でありながら、漢方食品の専門家「国際中医師」でもあるのです。まさに「発酵の匠」

近年メディアでも多々取り上げられる、「発酵」「酵素」というワード。なんとなく、無条件に体に良さそうな響きなのはわかる…でも“なぜ”それがお肌に良い影響を与えるのかって気になるところですよね。

 

そもそも「発酵」とは何か?

発酵って、「目には見えないような微生物たちが有機物を分解・変化させることで、何か特有の産物を作り出す現象」のことを言うんですって。
うーん、なんだか難しい・・・
言い換えると、白菜に宿る微生物たちが、あれこれワイワイやってるうちに「キムチができちゃった!」みたいなことでしょうか。

 

 

でもこれって不思議なことだと思いませんか?だって、白菜をそのまま放っておいたら数日で腐ってしまうし、煮込んだ大豆をコンロに置きっ放しにしてもすぐに腐ってしまう…なのになぜか絶妙に「発酵」することで、白菜はキムチ、大豆はお味噌となってもとよりずっと長く保存の効く、装い新たな食べ物となるのです。

「腐る」はずのものが 「変化を続け生き続ける」

 

…な、なんだか不老不死のような響き!

 

そんな発酵の全貌はまだまだ解明されておらず、ミステリアスなことも多いそうですが、わかっている事象の1つは、「発酵によって有機物の分子が細分化される」ということ。

じゃあ、分子が細かくなると何が良いのって?
そうです、細かければ細かいほど、毛穴の奥の奥まで、お肌に良い成分が行き渡る!ということなんですね。

小さければ小さいほど入り込んでゆける。うん、それはとても合点が行く。

この発酵パワーを存分に生かして一滴一滴丁寧に作られたのが、OMNISTというわけ。

あれこれ頼りすぎるのはもう卒業っ。「天然の力を取り入れて自分で自分のお肌を若く保ち続ける力をつけたい。」
そんな方におすすめの自然派スキンケアコスメです。

 

【編集後記】

実は私、木元さんとはかれこれ長いお付き合いになるのですが、初めてお会いした時って20代だったんですね。その頃から、OMNISTのコンセプトや、安心安全への強いこだわりに共感し続けてきたものの、基本肌トラブルがなく、ドラッグストアの一本1000円の大容量化粧水で全く問題のなかった安上がりな当時の私は、「うん、オムニスト普通に良い!」って言うのが正直な感想だったんです。ところが30代も半ばを迎えた頃、肌事情は急変。特に乾燥シーズンにもなるとお肌の調子がすこぶる悪いっ。これが噂の曲がり角ですか!
なんとか改善しようと、そこそこ値の張る良さげなあれこれを試してみるも、事態は悪化の一途…そんな時、すがるように改めて使ってみたOMNISTに感動したんですね。私が感じた一番の違いは「浸透感」「保湿力」。「オーガニックコスメ」と分類されるものにこだわって探していたのですが、逆に「あっさり」しすぎてるモノが多く、付けた直後はしっとりしてるけど数分後に乾燥を感じてしまう…。「成分はシンプル」それでいて「保湿バッチリ」という二刀流的なものになかなか巡り会えませんでした。
OMNIST最大の特徴は、付けた直後よりも、30分後の方がよりしっとりしていること。「これって不思議!なぜ?」って改めて問いただしたところ、それこそが分子が細かくなることで浸透しやすくなる「発酵」の力なのだとか。まさに “百聞は一滴にしかず”。(上手いこと言ってしまった。)
必要な油を“洗いすぎない洗顔”が叶う、洗顔石鹸と並行して使ってみるのが私のお気に入りです♪  敏感肌で悩まれている方は一度お試しあれ。

 

書き手:美ノ匠プロデューサー下村えり

 

 この記事に関連する美ノ匠

関連記事

その他の記事