1. HOME
  2. 心がモヤモヤするなら・・時には占いに頼るのもアリ!”最善”な未来への道しるべ『タロットカウンセリング』

心がモヤモヤするなら・・時には占いに頼るのもアリ!”最善”な未来への道しるべ『タロットカウンセリング』

今回のスペシャリストレポートは、タロット占い師 中込あいさん。実は、何を隠そう私の高校時代からの古い友人であり、『ソウルメイト』と呼ぶにふさわしい唯一無二の存在なのです。昔からなんとも不思議なオーラを放っていた彼女ですが、2011年より自身の強みを最大限に活かせるタロットカードに出会います。ありとあらゆる書物を読みあさり独学でこれを習得。その確かな鑑定力と卓越した文章力で自身のタロットメソッドをブログ配信し始めるやいなや瞬く間に噂が広まりファンが殺到。今やアメブロ人気占い師部門上位常連という人気・実力の持ち主です。そんなあいさんのタロットカウンセリングの模様をお届け。

冒頭からなんですが、その日、私はちょっぴり凹んでいました。考えても考えても考えることをやめることができず、着地点が見つからない。そんな悶々する日が数日続いて少し前が見えなくなっていたのです。らしくないってわかってるのに。久々にあいさんに再会するなりタロットとかそっちのけでとにかく想いの丈を洗いざらいぶつける私。国家資格でもある『精神保健福祉士(PSW)』の資格を所有する彼女は、あいづちや間の取り方、人の話を聞くのがとってもお上手。話しをきいてもらうだけでも少しずつ心がスッキリしていくのを感じます。

私:「それでね、こういう風に思っている。こんなアイディアもある。」最近はこんなことがあった、あんなことがあった」とにかく子供のように心の声をぶつけまくる私の話を聞きながら「うんうんなるほど」と次々にタロットをめくるあいさん。「そのアイディアはすごく良いよ。是非やるべきだね。もう一つの方はオススメできないかも。無理してやることで自分自身が苦しくなってしまうかもしれないね。楽しみながらやることができなくなってしまうのかな」などと、一つ一つの質問に対しタロットが示すメッセージを、彼女の言語フィルターを通して伝えてくれます。「今、心配していること、苦しいこと。確かにすぐに伝わらない部分もあるかもしれないけれど、大丈夫。初期衝動を貫いていくことで必ず想いが伝わるし良い方向へ進むから。」

 

「うん!やっぱり!行き着く先はカップのエース。目先の反応にとらわれず、迷わず信念のままに,大きな心で与え続けること。その姿勢は必ず伝わるし、与え続けたカップの水は溢れ出てもっとスケールの大きな世界を満たしていくよ。」

もうこの辺で号泣状態の私(笑)ぐちゃぐちゃになっていた頭の中が整理されてゆく感じ。いったい何に迷い、どうしたいのか。『悩み』が発生しているとき、人は本来のパフォーマンス力が落ちているもの。本当に不思議なことに、一枚一枚それぞれに意味をもつタロットカードがその時の自分に一番必要なメッセージを指し示してくれるものなのです。そして『モヤモヤ』で見えなくなっていた本来の姿を自分自身が再認識する。一番大事なのはここなのです。スッキリ晴れ晴れと、ポジティブな心で未来に向かえる自分を取り戻せれば、どこへ向かおうと正しい答えなんてないのだから。

話を聞いてもらいながらそのつど何枚ものカードにメッセージを頂きましたが、今回、1時間のセッションの中で一番自分の心の中に強く残ったカードがこれ。この日の自分の心理状況が一体何処から来ているものなのか、その根源を気づかせてくれるものでした。『ペンタクルの7』あいさんからこんな説明が。

『ペンタクルとは金貨の意。たくさんの金貨に囲まれて色々なものを得ているはず。それなのにこのカードの青年は何か不満そうな顔をしているでしょう?彼は本当はブドウを作りたかったんだよね。だけど桃がなってしまったの。でもその桃も素晴らしくて豊作なんだよ。だけど、”ブドウが良かったのに・・・”って不満を募らせている。つまり、当初思い描いた形とは違ったとしても十分素晴らしい実がなっていることに対し、自分自身がそれを柔軟に受け入れられれば『喜び』へと変わり、とらわれるならば『不満』となるんだよ。今のえりさんはまさにこれ。十分素晴らしい実がなっているのに、もっと違うなにかを求めて勝手に不満を募らせている。まずは素晴らしい桃がなったことに感謝して、自分を褒めてあげようよ』

『それさえできれば特にこれ以上自分から無理に変化を求める必要も無いね。もう十分な種まきをしたので、力を抜いて楽しみながら続けていくことで『カップの9』。かならず結果がついてくるよ。全体的に見て、とにかく今に必要なのは、『何かをする』ことではなく、『力を抜いて手放す』ということのようだね。

・・・

『あーそっか、、そうだった、、。またやってしまったー、、。』実は私は元アスリート。ついつい努力と根性で前進あるのみ!と突き進んでしまいがちです。けれども人生は、時に流れに身をまかせることで良い方向に進んでいくこともあるのだということを、年を重ねるごとに少しずつわかってきました。そんな昔を良く知っているあいさんは常に私をこう諭します。『努力することが難しい人が多い中、えりさんは頑張るのが得意中の得意。それはよーく分かっている。だけどあなたの課題は常に“力の抜き方”を覚えること。時には頑張らない自分も受け入れてあげること。静と動を兼ね備えることができたなら鬼に金棒。さらなる成長がはかれるよ』と。これまでなんども言われていた課題をまたまた突きつけられる結果となったのでした。

 

抱えていたモヤモヤは、自分自身の焦りが生み出していたものであることに気づかされ、そしてそれを抱える必要が全くないことにも気づかされた私。『力を抜くことで良い方向に向かえるなんてラッキーね♪』と、セッションが終わる頃にはいったい何に悩んでいたのかと思う程、本来のポジティブな自分を取り戻すのでした。

 

ここまでのレポートを読んでくださった方はもうお気づきですね。あいさんのタロットカウンセリングは、『ああしなさい、こうしなさい。あなたの未来はこうなります』と断定するような類のものではありません。大事なのは今の自分がどうあるべきかであり、それにより未来はいくらでも変えていけるものだということを再認識すること。悩みがあるときってこんな当たり前のことを忘れてしまいがちなんですね。より素晴らしい未来へと進むために必要なのは、『最高のパフォーマンス』ができるスッキリ晴れ晴れとした自分を取り戻すことそのもの。そんな『一番良い心理状態の私』に戻れたなら、今何をするべきかなんて自ずと気づくことができるのです。

 

今回たまたま、私にとっては聞いて嬉しい未来へのメッセージが指し示されましたが、もちろんそのようなことばかりではありません。タロットは本当に真実しか示さないシビアなもの。歓迎されていない道へ進もうとしているときには厳しいメッセージがバシバシ突きつけられます。ちなみに私は、仕事に関しては歓迎された未来へきちんと迎えているようで、基本的に『大丈夫、その都度迷いがでても問題ないよ、上手く行くよ』というメッセージがほととんどですが、別のトピックに関してはあまり自分が見えていないようで(笑)

 

『良くない方向に進んでいる。執着していませんか?その方本当に自分自身を高めてくれる相手ではないんじゃないの?』と、心のどこかでわかっていても蓋をしておきたかった部分があらわにされてしまうことが多いです^^;だいたい自分が一番良くわかっているものですよね。だけど『エゴ』『執着』が邪魔をして、わかっているはずの最善の行動をとれなかったりするもの。それもまた人間です。

 

あいさん自身よく話しているのが『占いは依存するものではない』ということ。自分が聞きたい答えを聞けるまで色々な占い師を点々とする方もいますが、それではいつまでたっても成長できませんしお金と時間の無駄。大事なのは今の自分に突きつけられたメッセージを受け止めて、自分が本当に最善の未来に向かっているのかどうかを改めて見つめ直すこと。
だから私はこれを『占い』ではなく『タロットカウンセリングとしてご紹介します。

 

未来を占いに委ねるのではなく、より良い未来への道を自分自身で切り開く為のヒントが知りたい方。そんな、『人生に前向きな方』であれば、あいさんのタロットカウンセリングから必ずや得るものがあるだろうことを約束し、オススメします。

 

関連記事